2005年04月06日

ウズラとはつゆ知らず 〜*りつ子のお話*〜

今日は暖かで、りつ子も気分がよかったのかな。

ここ10日以上雄叫びをあげていないのに、
今日は3回もぴかぴか(新しい)
少しかすれてたけど、きちんと伸びて雄叫び。

あんなにうるさいと思った雄叫びを、
聞けて喜ぶ日が来るとは思わなかったな(^^;)




あれは1998年6月16日(火曜日)。

私は美容師のため、火曜日がお休み。
洋服でも買いに行こうか〜と母と出かけた。

隣の駅の某商店街に、太っている私向けのお店がある。

でもその他のお店はお休みが多い。
シャッターの前で、露天商の人がいろいろ店を出している。

「?」・・・あれ、なんだろう?
発泡スチロールの箱の中で、うごめく生き物。

「沖縄名産 青島鳥」
そう書いてある。。。なんか、シマリスみたいな模様の、
小さな鳥だな〜なんだろ、これ。
でもすごく可愛い。しばらく母と見入ってた。

買い物も済んで、ぐるっと回ったにもかかわらず、
なぜかもう一度、あの鳥を見たくなった。

ジーっと見つめていたら、何か飼いたくなってしまった。

ホントは、定年で辞めた母が、
家にいる間にセキセイインコでも・・・
なんて話していたのだけれど、鳥だよな、これ・・・(笑)

「ね〜お母さん、これ、飼わない?」

母も、少し悩みつつもOKしてくれた^^

鈴を鳴らして、走りよってきた仔を選ぶ。
オスとメスを1羽ずつ。何とおにぎりパックにティッシュを敷いただけ!
餌を1袋。水は2週間あげずに、キュウリをあげる。
今考えると恐ろしい指導を受け、家に帰った。

足に縞々のある方を「しまのすけ」
そうでないほうを「りすこ」
ネーミングセンスの無い私は、
シマリスっぽいよな〜っていう理由で、付けた名前(笑)

だけどしまのすけは3日目にお☆様になってしまった。
残ったりすこは、何としても生かさなきゃ・・・

そうだ!「つ」をつけたら強くなるかも?!
母の好きな中山律子さんからもちょこっと拝借。

こうして「りつ子」という名前になった。

なんで、露天の鳥がきちんとオスメスなっていると思ったのか。
今考えたら、ぜ〜ったい分かるのに(笑)

その事実に気がつくまで、1ヶ月かかった。

つづく・・・


ひらめきBlogランキング参加中〜よろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)
posted by りついのち at 22:08| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ウズラのりつ子のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5793534

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。