2005年04月13日

ウズラとはつゆ知らず 〜*りつ子のお話*〜2

今朝はだいじょうぶかぁ?と思うほど、

雄叫びしまくってたりつ子。

すぐペットヒーターの上で寝てしまうんだけど、

食欲と雄叫びある限り、まだまだ^^るんるん







3日でお☆様になってしまったしまのすけ。

りつ子1人で、寒くないかなぁ?と思いついた。

そういや、あの時1人のオバちゃんが、
餌を買いにきながら何か言ってたな・・・

「ペットボトルにお湯入れて、置いてるのよ〜」

そっか!湯たんぽだ!

今なら、ペットヒーターやら、ひよこ電球があることを知っているけど、
何しろ「ど素人」な私達。
500mlのペットボトルに、熱めのお湯を入れ、
直じゃ熱いのでタオルを巻いて、かごの中へ。
おお〜寄り添ってるぞ〜るんるんいい感じいい感じるんるん

でも、欠点が一つ。
3時間くらいで冷たくなってしまうことたらーっ(汗)
でも、幸い母が家に付きっきりでいるので、マメに換えてくれてた。

そして飼ってから気がついた!
1週間後の火曜日に、友人と母とで日帰りのバス旅行に申し込んでいたのだ!
まさか、こんな手をかけると思っていなかったのもあるけど、
浅はかな飼い方をしてしまったふらふら

悩んだけれども、ペットボトルにお湯&ホカロンをくっつけ、ささやかにだけど保温。
またこの年は梅雨寒で、出かける日も寒かったのだ。
帰りに飲みに行こうとなったけど、母は心配だから・・・と先に帰った。
無事だったという連絡に、ε-(´▽`) ホッ

今なら分かる。
水槽のような容器で、フリースボンボン・・・などなどいろいろあるのだ。
無知とは怖い。

でも。
りつ子は生命力が強かったんだろうな。
その後もスクスク育っていった。

ペットボトルのくぼみに入って丸まって寝る姿。
寂しかろうと置いた小さな目覚ましに頭をのせて寝る姿。
(子犬にすることだけど、鳥もイイかと思ったんだ(笑))

大人の羽も少しずつ出はじめ、ポワポワの産毛がなくなってきた。

rituko1-001.jpg

ここで母が一言言った・・・

「なんだ、大人になっても茶色いのね」

「へ?」

「青島鳥っていうから、青いのかと思ったわ〜」

「私は、青島っていうところの鳥なんだと思ったから、茶色はそのまま茶色と思ってたよ(笑)」

・・・どこまでもバカな親子である(爆)

まだ、この鳥がウズラだと知らず、しかもメスだと思い込んでいた。

私が雑誌のうまかもんツアーの特派員8人のうちの1人に選ばれ、
台湾へ行ったとき(7月初め)に、屋台でりつ子をいっぱい見た。
カメラマンの人が「これウズラだよ」と言っても、
「青島鳥って売ってた!違いますよ〜」と聞かなかったし(爆)

でも、その旅行に行ってる間に、母がデパートの屋上で、
同じ鳥を見、店員さんに聞いたら、「ウズラですよ」って言われて(笑)

帰ってきて爆笑しましたよ(笑)ありゃ、カメラマンさんにあほなこと言ったな〜と。

そして1ヶ月ほど経ったある日。

「クケキョ〜〜〜(^◇^)」

「?!☆●。・・・これって・・・もしかして・・・お、雄叫び?」



そうです。なんでメスと思い込んでいたのか、分かりませんが。

りつ子は、りつ子は・・・

オスだったんです〜〜〜♂

でも、その頃にはもう、「りっちゃ〜んるんるん」と呼ぶと、
走ってくるようになっていたので、名前はそのまま、「オスなのにりつ子」になりました。

半ばネタのようになっていて、いまだによく笑われます(笑)

ひょんなことからウズラと住むようになった我が家。

まだまだ、お話はつづきますわーい(嬉しい顔)





posted by りついのち at 22:26| 埼玉 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | ウズラのりつ子のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きょううずらびが参加したかもー。
りついのちはここまでりついのちとここまでりついのちがランキングも参加しなかった。
りついのちで、ヒーターに参加するつもりだった。
Posted by BlogPetの「うずらび」 at 2005年04月14日 11:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5793541

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。