2005年05月02日

「い」

もう五十音シリーズかよっパンチ

怒らないでくださいまし・・・


出来るだけ毎日書きたいんですよ〜

どこまで続くか分かりませんが(自爆爆弾)




というわけで、 「い」です。



「い」・・・

すぐ思いついたのは


「命」かな。



始まりがあれば終わりがある。

今、この瞬間も命は生まれ、命は終わる。

いつ終わるか分からないからこそ、

今を大事に生きたい。




理屈じゃわかってるんだけど。

先日の電車の事故のように、

いつもと変わらない朝を迎え、同じ日常の中、

あの電車に乗ったはずなのに。

突然の事故で、あっという間に失ってしまう命。

地震や津波などの災害も、ある。。。






昔。

中学生の頃。

家では父親とモメ、義母に気を遣い
(9歳で親が離婚、父親が愛人と再婚をしていた)
学校ではいじめの対象になっていた。

いじめ(無視)されていても、何処に居場所があったかといえば、
まだ学校の方がましだった・・・なので、学校へは行ってた。

だけど、神経が疲れていて、いつも偏頭痛がしていて胃が痛い。

朝から晩まで神経を研ぎ澄まさないと、暮らしていけなかった。

そんなとき、「死にたいなぁ・・・」

ホントにそう思ってた。死んだら楽になるって。

でも、なかなか死ねないもんで。
勇気がなかった、切ることも飛び降りることも。

中3のときに、母のところへ行き、いじめもなくなったので、
生きていることが楽しくなったけど。

ん〜それでも、泣く要素は二十歳までいくらでもあった。

自分がものすごく不幸な子と思ってたし(笑)

ある・・・ご飯を食べれて屋根の下で眠れる。
ナニが不幸なんだexclamation&questionと気が付いたので、
目の前がぱぁああぴかぴか(新しい)っと明るくなったっけ(笑)

今、こうして生きていて、良かったなぁと思う。

そして2人の娘の命を授かり、命の重さをひしひしと感じる。

パパさん。
仕事で車に乗りっぱなしの上に、通勤も車。
ちゃんと帰ってくれるとホッとします。


大事な友達がたくさんいます。
みんな幸せでいて欲しいんです。


そして、限りの見えてしまったウズラのりつ子も。
それでも頑張って生きている、ステキな命。



一言でいうには重い言葉なのかもしれません、命。
そんなのばかり選んで、自爆してるのかもしれません、私(笑)

でも、今は。

日々感謝です。

生きているって大変だけど、
喜びも悲しみもすべて生きているからこそ。

大きさは関係ない、重いもの。

大事に大事に、生きなければね。

明日は誰にも分からない・・・






頭パンクしそうなりついのちたらーっ(汗)
かわいいBlogランキング参加中〜かわいい
よろしかったら次項有クリックお願いします
【関連する記事】
posted by りついのち at 23:58| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 五十音シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。