2005年06月03日

「き」

ホントは書かなきゃな〜と思ってることあるのですが・・・

それはかなり気がのらないと書けず。。。

というわけで五十音シリーズ。




「き」


いってみよっか〜ね〜(笑)



「き」


う〜ん。


「聞く」


っていうのはどうでしょう。


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

聞くと一言で言っても、お話を聞く、音楽を聴く、
いろいろあるかと思いますが。

人との会話としての「聞く」のお話にしたいと思います。

人と話すことよりも、聞くほうが難しい・・・
そんな気がするのは私だけでしょうか。

私はものすごいおしゃべりで、
この文章のだらだらさ加減を見れば、
お分かりかと思いますが(笑)


結婚前の職業(美容師)は、どちらかと言えば
「聞く」ほうでした。
でも、おしゃべりのおばあちゃん達と同じくらい話しすぎて、
時々先生たちに怒られてたっけ(笑)

でも、結構楽しくって、古いお話もためになるし。
軽い認知症のおばあちゃんには、聞きながら何気にかわす言葉もあるし(笑)
(『あ〜そう仰ってましたね〜』というと、『あらお話したかしら?』と我に返る。)
マジメに聞いてたら、大変だもん。
その方の結婚してからの50年史、いまだに言えますから(笑)


こんなに聞くことがたやすかったのに。
(言葉選びは難しかったです。)

今は本当に聞けなくなってる、気の短い自分がいます。

特にネガティブな発言に対して、優しい言葉をかけてあげられない。


疲れているせいもあると思う。

もう幾度となく聞いた話などは、聞きたくもないし。
(義母、多いんだよね〜同じ話。ヤバイ?)
しかもかなりネガティブ発言なんだよね〜いつも。

最近、頷いていることもイヤなので、
自分が納得しないことは返事をしないか、反論することにしてます。
可愛くない嫁、それで結構。
ああいうこと、そういうことを言うって事は、
私もどこかで言われているに違いないから。

義母の話を聞いて、自分がネガティブ人間になるのがイヤなんで。

2〜3日頭にきて、ダンナにもあたり、母にもこぼし、
それでもぐぎぃ〜〜〜〜〜〜〜ってなる。

でもね。
そういう自分がものすごくイジワルで嫌な人間
人でなしにまで思えてくるんだよね、しばらくすると。

結婚前も、今も、すごく助かってること多々ある。

基本はいい人だとおもう。たぶん。

私の中の怒りを、感謝の方向へ持って行く。

これってものすごいエネルギー使う。

義母の話を聞いただけで、なんでこんなになるんだろう。

聞くくらいのこと、してあげればいいのになぁ・・・



今度の日曜日に、ぴぃちゃんのお祝い&あ〜ちゃんのお祝いをするんだけど。

聞かれないから呼ばないでもいっかと思った。

そうもいかないよね、徒歩5分だもん。

言ったら、なんだか勝手言われて。夕方になった。

なんであの人(達)は、ぴぃを無視するかなぁ・・・

来年からは大げさにしませんからって言って、
呼ばないんだ、もう。
くれるものは受け取るけどね(鬼?w)


1歳は特別ですからって言って、前振りしておいた(笑)

あ〜またあの人たちのくだらない話を聞かなければならない。

合わないんだね〜当たり前だけど。

どうもあの人たちのことを書くと、愚痴になるなぁ・・・

いいのかな、これ五十音シリーズで(爆)

え〜っと、きっと日曜日か月曜日に、
愚痴書くと思います(笑)


やっぱ寝ないとダメだわ。
聞けない、何事も素直に聞けない。

人の話は聞く。

この当たり前のことが、出来ない人たちを相手に、
その人たちの話を聞く。

自分が元気でないといけないね。



私にはもっと大事な「聞く」がある。

あ〜ちゃんの話を聞くこと。

かなり会話になるんだ、最近。
言っている言葉が分かる。

でも、本人ももどかしい部分がまだまだ多い。

そのもどかしさから、癇癪を起こすことが増えてきた。

今日も寝る前に大泣き。
何か言いながら泣いている。

聞き取れないもどかしさを感じながら、
ただ、抱きしめた。

しばらくしたら、泣きやみ、笑顔も出た。

理由は分からなかった。

情けないね、ホントに。

もっともっと分かってあげたい。

もっともっと耳を澄まそう。




「聞く」

こんなんでいいのかなぁf(^-^;




音が聞こえるだけで、ただ感謝。



最高の音楽。わが子の声。


これ以上に心地よいものは


どこにもないだろう。







Blogランキング参加してます^^
よろしかったらクリック願いいたします♪
【関連する記事】
posted by りついのち at 23:58| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 五十音シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。